邪視 - Wikipedia
ヨーロッパ人の間では、 地中海 沿岸が最も邪視の信仰が強い。邪視を防ぐ伝統的な方法として地中海沿岸の船の舳先に大きな目が描かれているのをしばしば目にする。また邪視の信仰は北ヨーロッパ、特にケルトの圏内へ広まった。古代ローマでは、 ファリック チャーム( 陽根 の魔除け)が対邪視に有効とされた(cf. 金精様 : アイヌ にも似た迷信があった)。同様に日本でも 縄文時代 に儀式に用いられたと考えられている男性器を模した 石棒 が出土している。 同じく邪視から身を守る動作として コルナ またはマノ・コルヌータ(人差し指と小指を伸ばして後の指は握り込む動作)、 マノ・フィコ (親指を人差し指と中指の...
ja.wikipedia.org