劇訳表示。 : 【第二次大戦の伝説】史上最強のスナイパーはフィンランド人だった【海外反応】
1905年12月17日 - 2002年4月1日)は、フィンランドの軍人。フィンランドとソビエト連邦の間で起こった冬戦争では、ソビエト赤軍から“白い死神”と呼ばれ恐れられた。スナイパーとして史上最多の確認戦果505名射殺の記録を残している。 軍人になる前は猟師兼農民として働いていた。伝えられるところによると、彼の家には自らの射撃の腕前によって得た多くのトロフィーが飾られていたという。 平均気温-20℃から-40℃という酷寒の中で、純白のギリースーツに身を包んで狙撃を行い、その活躍によって赤軍兵士から“白い死神”や“災いなす者”などとあだ名された。 狙撃において、フィンランドが独立後、旧宗主国のロ...
www.gekiyaku.com