人工心肺装置 - Wikipedia
構造[ 編集 ] おもに、 血液 循環 、血液 ガス交換 ( 二酸化炭素 除去、 酸素 添加)、体温調節がある。 心臓手術 では心臓を停止させ、心臓への血流を遮断して行うため、血液ポンプ(人工心)により全身への血液循環を代行する。また、人工肺により、血流のなくなる肺のガス交換機能を代行する。さらに、体温調節のための熱交換器がある。血液は 右心房 から脱血され、人工心肺装置を経由して上行 大動脈 ・ 大腿動脈 へ送血される。 生体は人工心肺装置使用時、低体温、非拍動流、 抗凝固剤 の大量使用 [注釈 1] 、循環血液流量が常に一定であるなど非生理的な状態におかれるためダメージを受ける。それは短時...
ja.wikipedia.org