副作用ハンドブック
しかし、現在、世に出回っているお薬は、製薬会社が何年もかけて、調査・研究・開発を積み重ねた上で、公の機関が認可したものであり、多くの動物実験や、臨床の結果、良いと判断されたものです。 もちろん、製薬会社の開発プロセスの問題や、公の機関による許認可に関する議論は、おおいにあることでしょう。 例えば、重篤な副作用が発生する確率は、通常、とても低いものです。何万人、何十万人が利用して、一人発症するかしないかと言うレベル以下です。 ただ、闇雲に「副作用になったらどうしよう」と心配するのは、早合点です。 ならば、まず、様々なお薬の「影」である副作用には、どんなものがあるのか、その症状は、どの様なものなの...
fukuhand.glad-life.com