ティンホイル・ハット - Wikipedia
歴史[ 編集 ] 「思索をめぐらす頭を包む電気絶縁装置」に言及した本としては、1909年のノン・フィクション作品『アトムの覚醒』(Atomic Consciousness [2] )が古い例として挙げられるだろう。これは「純粋な男」を自称するジョン・ポールフリー(ジェームス・バサーストの名も持つ)が書いた作品だが、彼にとってこういったヘッドギアはむしろ無意味だった。ひとたび「テレパシー(精神感応)の衝撃的衝突」が起これば、このようなヘッドギアがあっても「〔脳内に〕滞留する意見や考え」は守れないと彼は考えたのだ [3] (この例において、テレパシーを持っているのは著者であるジョンの側である)。 ...
ja.wikipedia.org