前川喜平氏 3カ月間の一斉休校は「全く不要だった」…「誰が始めたのか?」/デイリースポーツ online
 元文部科学省事務次官の前川喜平氏が5日、ツイッターを更新し、学校の一斉休校について「全く不要だった」と断じた。 前川氏は「3ヶ月に及ぶ休校という事態はなぜ起きたのか?」と問題提起。続けて「一斉休校は誰が始めたのか?なぜ学校を再開できなかったのか?児童生徒の生命の危険は本当にあったのか?感染拡大防止の効果は本当にあったのか?長期の休校によって失われたものがどれだけあるか?」と提示し、「これらを検証しなければ、また愚行を繰り返すだろう」と指摘した。
www.daily.co.jp