区分所有法の概要 - フリーターMeg’s diary
区分所有法 「マンション法」と呼ばれることもある。 区分所有建物とは、分譲マンションのように独立した各部分から構成されている建物のことであり、通常の建物に比べて所有関係が複雑であり、所有者相互の利害関係を調整する必要性が高い。 このため、1962(昭和37)年に民法の特別法として区分所有法が制定された。 区分所有法の概要 (法律の正式名称:建物の区分所有等に関する法律)区分所有法とは区分所有法の概要○区分所有された建物の「専有部分」と「共有部分」 一つの建物が区分所有されているとき、区分された部分を所有する権利を「区分所有権」、その権利を所有する人を「区分所有者」、その所有された部分を「専有部...
megmegrin.hatenablog.com