- 和歌山県 那智勝浦町 - 八咫烏と日本サッカーの生みの親 中村覚之助について
さらに、日本全国にサッカーの普及を行ったのも東京高等師範であり、日本のサッカーの歴史そのものである。大正10年大日本蹴球協会(日本サッカー協会の前身)を設立したのも東京高等師範関係者が中心となっている。 昭和6年に図案化した日本サッカー協会のシンボルマークの三足烏は中国の故事に基づいたものと言われているが、日本においてはまぎれもなく「やたがらす」であり、日本サッカー協会のホームページでは、三足烏(やたがらす)と表現している。 当該図案の発案者は、当時の東京高等師範学校の内野台嶺教授を中心とする人たちで、内野教授は明治39年頃の蹴球部員であった。中村覚之助氏が逝去した年に訃報を聞き悲しんだ一人で...
www.town.nachikatsuura.wakayama.jp