ビル管理会社倒産、「承継先」との提携で思わぬ負担増
業歴が40年近いビルメンテナンス会社、ジェイ・ビー・シー・サービス(JBC、東京・杉並)が4月2日に民事再生法の適用を申請した。平成に入り積極的なM&A(合併・買収)を繰り返して業容を拡大してきたが、事業承継先と見込んで業務提携した企業とのトラブルが発生。高齢だったJBC社長の死去も重なったことで独自での再建を断念し、民事再生での再建を目指すこととなった。
www.nikkei.com