劇訳表示。 : ロケッツGM「香港ガンバ!」→中国「あん?#」→NBA「ウチのアホがすみませんm(_ _ )m!」
米プロバスケットボール(NBA)ヒューストン・ロケッツのダリル・モリーGMが、香港で続く抗議デモへの支持をツイッターに投稿し、中国が猛反発している。 ロケッツは火消しに追われており、7日には主力選手のジェームズ・ハーデンが謝罪する事態へと発展している。 きっかけはモリーGMが4日に投稿した「自由のために戦おう。香港と共に立ち上がろう」とのツイート。後にツイートは削除され、モリー氏は「中国の友人たちの感情を害するつもりはなかった」「ロケッツやNBAの立場を示すものではない」と釈明した。 しかし、国営中国中央テレビ(CCTV)はロケッツの試合の放送中止を発表し、中国の複数のスポンサー企業がロケッツ...
www.gekiyaku.com