天明の大飢饉 - Wikipedia
天明の大飢饉 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 天明の大飢饉(てんめいのだいききん)とは江戸時代中期の1782年(天明2年)から1788年(天明8年)にかけて発生した飢饉である。江戸四大飢饉の1つで、日本の近世では最大の飢饉とされる。 目次 1 経緯 2 背景 2.1 弘前藩 2.2 盛岡藩 2.3 八戸藩 2.4 仙台藩 2.5 米沢藩 2.6 白河藩 3 異常気象の原因 4 史跡 4.1 餓死萬霊等供養塔と戒壇石 4.2 放生池 5 参考資料 5.1 江戸時代の日本の人口 5.2 東北地方の人口 5.3 八戸藩の収穫 5.4 ...
ja.wikipedia.org