ミョルニル - Wikipedia
ミョルニル 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ナビゲーションに移動 検索に移動 18世紀の写本『NKS 1867 4to』に描かれた、トールとミョルニル。 エーランド島で出土した、ミョルニルを象ったペンダント。 ミョルニル(Mjölnir、ミョッルニル 古ノルド語: Mjǫllnir IPA: [ˈmjɔlːnir] )は、北欧神話に登場する神トールが持つ鎚(トールハンマーという名でも知られる。)である。 名称は古ノルド語で「粉砕するもの」を意味し[1]、思う存分に打ちつけても壊れることなく、投げても的を外さず再び手に戻る、自在に大きさを変え携行できるといった性質...
ja.wikipedia.org