白山公園 新潟市
太政官というのは、明治18年に内閣官制が実施される前の、国政処理の最高機関のことで、そこが出した「お達し」です。 明治6年の太政官布告は、公園の制定についてのもので、内容は、「人口の多い都市の、古来からの景勝地、旧跡など人が多く集まる場所で、年貢徴収の対象になっていない所を、『永く万人偕楽の地』として公園に制定するので、府県は場所を選定し申請するように」というものです。 明治6年に用地設定または開設された公園は25ヶ所あり、白山公園のほかには、上野公園・浅草公園(東京都)、水戸偕楽園公園(茨城県)、住吉公園(大阪府)、厳島公園(広島県)などがあります。 注2楠本正隆とは・・・ 明治5年6月から...
www.city.niigata.lg.jp