阪神でクラスターか 糸原、陽川、馬場、岩貞もコロナ感染 計7人の陽性確認/デイリースポーツ online
 阪神は25日、糸原健斗内野手、陽川尚将外野手、馬場皐輔投手、岩貞祐太投手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたことを発表した。感染者は午前中に発表されていた浜地真澄投手を含めて5選手、スタッフも2名いることからクラスター(感染者集団)が発生している可能性も出てきた。新たに陽性となった6人のうち5人は発熱、倦怠感症状、味覚嗅覚等の異常はなく、現在は自室隔離。チームスタッフBは「胃腸風邪」の診断を受けていたという。 球団は浜地の感染が確認されたことを受け、すぐに1、2軍の選手、スタッフの同検査を行い、複数人の感染が確認された。新たに確認された6人以外の141名は陰性が確認されている。
www.daily.co.jp