米兵も泣き叫んだ硫黄島の激戦 傷癒えぬ元兵士が語る|ナショジオ|NIKKEI STYLE
東京都心部から約1200キロの硫黄島に米海兵隊が上陸したのは、今から75年前の1945年2月19日だった。当初、米軍は簡単な掃討作戦とみなしていたものの、戦闘は5週間に及び、3月26日にようやく終結した。戦闘の激しさは、百戦錬磨の米海兵隊員の心も折るほど…
style.nikkei.com