劇訳表示。 : 「日韓も仲良く解決できるんじゃん」【東シナ海上空、航空管制権見直しで合意】
両国は現在、韓国の領空を通る「AKARA(アカラ)コリドー」と呼ばれる航路で、航空交通の管制を分担。韓国が南北、日本は東西間のフライトに指示を出している。東西間のフライトの多くは上海発着便だ。 しかし、日韓の管制当局は異なる無線周波数を使っており、飛行中に緊急事態が発生した場合や、乱気流回避のためや悪天候で高度変更が必要な場合、操縦士と連絡を取ることが難しいケースもある。 国連専門機関の国際民間航空機関(ICAO)のICAOのオルムイワ・ベナード・アリウ理事会議長は今回の合意が「安全性と効率性に好影響を及ぼす」と確信していると表明した。 詳細↓
www.gekiyaku.com