アウグスト・ピノチェト - Wikipedia
新自由主義政策においては企業の民営化がなされたのみならず、アジェンデ時代に行われた農地改革も否定され、農民に分配された農地は大土地所有者の手に戻った。また、徹底的な民営化政策にもかかわらず、当時チリは世界最大の 銅 の輸出国で銅はチリ経済に果たしていた役割の大きさのために、 コデルコ のような国営銅企業を設立してアジェンデ時代に国有化された鉱山の民営化はなされなかった [9] 。また、1982年-1983年の大幅なマイナス成長 [10] のため、1984年10月には クルサト・ラライン・グループ の8銀行が国有化された [11] 。 また、フリードマンらが評した「チリの奇跡」にもかかわらず、ピ...
ja.wikipedia.org