「ゲーム1日60分」香川で条例成立、依存症対策議論促す
子どものインターネットやゲームへの依存症を防ごうと、コンピューターゲームの利用時間を1日60分までとする「目安」を盛り込んだ香川県の条例が18日、県議会で可決、成立した。4月1日から施行する。全国初の試みで、背景には世界保健機関(WHO)が「ゲーム障害」を疾病として認定するなど、国際的な関心の高まりがある。成立した「ネット・ゲーム依存症対策条例」は18歳未満を対象にゲーム利用時間を1日60分
www.nikkei.com