研究開発投資、官民で120兆円 科学技術計画の素案決定―政府:時事ドットコム
政府は19日、統合イノベーション戦略推進会議(議長・加藤勝信官房長官)を首相官邸で開催し、新たな科学技術・イノベーション基本計画の素案を決定した。素案では、2025年度までの5年間で政府の研究開発投資を総額30兆円、官民合わせて120兆円とする過去最大の目標を掲げた。 政府は今年度中に計画を閣議決定し、菅義偉首相が掲げる脱炭素化やデジタル社会の実現などに向けた研究開発を後押しする。研究力強化のため、10兆円規模の「大学ファンド」を創設し、運用益で世界レベルの研究を行う大学の施設整備や若手の人材育…
www.jiji.com