欧州ロックダウンで温室効果ガス25%減少へ、最新調査
欧州における温室効果ガスの排出量は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた都市の封鎖により、2020年に24.4%低下する見通しであることが判明した。石油化学関連のリサーチ機関、ICISのMarcus Ferdinandによると、欧州では
forbesjapan.com