東証、取引時間の延長検討 新たに夕方や夜間など設定
東京証券取引所は取引時間の延長を検討する。対象は現物株の取引で、夕方や夜間取引を軸に証券会社などと調整を進める。仕事帰りの取引機会が増える個人投資家や時差がある海外投資家の利便性を高めると同時に、東証の国際競争力も上げる狙いだ。東証は2024年にも予定するシステム刷新をにらみ、取引時間を延長したい考えだ。取締役会の諮問機関である市場運営委員会を週内にも開き、証券会社や機関投資家など幅広い市場関
www.nikkei.com