今川義元 - Wikipedia
統治初期の事績[ 編集 ] 戦国時代の甲信越 天文6年( 1537年 )2月、氏輝期まで抗争状態にあった 甲斐国 の守護・ 武田信虎 の娘( 定恵院 )を正室に迎え、 武田氏 と同盟を結ぶ(甲駿同盟)。周囲の守りを固めんとして行われた甲駿同盟の成立は、結果的に旧来の盟友(駿相同盟)として自らの当主継承にも助力した 北条氏綱 の怒りを買ってしまい、同年同月、北条軍は駿河国富士郡 吉原 に侵攻した( 第一次河東一乱 )。花倉の乱による内部対立を引き摺ったまま家臣団の統制がとれなかった今川軍は、北条軍に対して適切な反撃が行えず河東(現在の静岡県東部)を奪われてしまう。義元は武田の援軍と連帯して領土奪...
ja.wikipedia.org