富山ブラック - Wikipedia
ルーツ 編集 1955年 頃、 富山市 中心部で 富山大空襲 の復興事業に従事していた食べ盛りな若者のランチとして、また汗をかく肉体労働者のための塩分補給として、 醤油 を濃くしたスープのラーメンを作ったのがルーツである。この時は屋台であったが、後に屋号を「大喜」として富山市西町に店を構えた。 2000年 頃、当時の店長が閉店を決意したが、有限会社プライムワンが屋号を買い取り、「西町大喜」の店名で多店舗展開した。 この頃、富山のラーメン情報を扱う草の根の 電子掲示板 で、「大喜」に加え「麺家いろは」「竜豊(現在は閉店)」「めん八」「万里」といった富山県内の比較的黒いスープのラーメン屋を総称して...
ja.m.wikipedia.org