白村江の戦い - Wikipedia
6世紀 から 7世紀 の 朝鮮半島 では 高句麗 ・ 百済 ・ 新羅 の三国が鼎立していたが、新羅は二国に圧迫される存在であった。 倭国 は半島南部に領有する 任那 を通じて影響力を持っていたことが『 日本書紀 』の記録から知られている。大陸側でも、 広開土王碑 400年条の「任那」の記述が初出である。『 宋書 』では「弁辰」が消えて438年条に「任那」が見られ、451年条には「任那、 加羅 」と2国が併記され、その後も踏襲されて『 南斉書 』も併記を踏襲していることから、倭国が任那、加羅と関係が深いことを示している。任那、加羅は、倭国から百済への割譲や新羅の侵略によって蚕食され、 562年 ...
ja.wikipedia.org