劇訳表示。 : 「日本の葬儀では将来、ロボットが僧侶の役割を・・・」【海外反応】
ソフトバンクがつくる「仲良し」ロボットのPepper(ペッパー)は、当初から販売員から警察官まであらゆる職業をマスターするようにプログラミングされていたが、この度、Pepperに「僧侶」という新たな役割が加わった。 23日、東京で開幕した「エンディング産業展」で、木魚を打ちながら読経する「Pepper僧侶」が紹介された。 日本では、お坊さんを呼ぶ葬儀が減っている。それは驚くことではない。なぜなら一般的な平均葬儀費用は100万円を超えると言われているからだ。 なお「ロボット化」された葬儀費用は5万円前後で、ユニークな「感情」システムによってロボットは簡単に僧侶の代わりを務めることができるという。...
www.gekiyaku.com