ペイペイ、全加盟店260万店の情報流出か 不正アクセス
ソフトバンクグループ傘下のスマートフォン決済PayPay(ペイペイ、東京・港)は7日、全加盟店約260万店の銀行口座を含む情報が流出した可能性があると発表した。加盟店データベースの設定に不備があり、第三者から不正なアクセスがあった。流出情報にはペイペイの利用者やクレジットカードは含まれていないという。不正アクセスを確認したのは、加盟店の住所や連絡先のほか、代表者の氏名、生年月日、金融機関の口座
www.nikkei.com