中国動画配信ビリビリ 「投げ銭」で再浮上
【上海=松田直樹】中国の動画配信大手、ビリビリが第二の成長期を迎えている。同国版「ニコニコ動画」として人気を得たが、違法動画問題などで停滞した。そこで独自コンテンツの拡充や「投げ銭」など課金型への転換を進め、直近の動画事業売上高は2.7倍に急拡大した。李●(●はかたへんに毎の母が尼)最高執行責任者(COO)は「今後はエンタメ分野のプラットフォームを目指す」とする。「衣装がとても似合ってる!」「
www.nikkei.com