下松市 郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ
下松市 郷土資料・文化遺産デジタルアーカイブ 県指定無形民俗文化財 切山歌舞伎 切山歌舞伎関連資料 浄瑠璃本・歌舞伎台本 切山歌舞伎について 江戸時代、長重良(ちょうじゅうろう)が京参りの帰途、大阪竹本座の人形浄瑠璃や歌舞伎を見て感銘し、長男三四良(さんしろう)に学ばせたのが切山歌舞伎の起源といわれています。三四良は3年の修行の後、浄瑠璃本を携えて帰り、村の若衆に教え、宝暦7(1757)年の切山八幡宮秋祭に初めて上演しました。現在は、切山歌舞伎保存会が、浄瑠璃本等資料の保存と歌舞伎技能の伝承を行っています。 切山歌舞伎関連資料 切山歌舞伎 関連写真(127枚) 切山歌舞伎保存会 提供 目録 一...
trc-adeac.trc.co.jp