「癌について話そうよ」 まずはじめることの大切さではじめました – Another Day
cancer health これは癌の手術をしてからなんとなくぼんやりと考えていたことでもある。 じっさいにぼく自身が癌になってみて、いや正確にいうと癌が見つかってだね、癌という病気と向き合わざるを得なくなったからということなんだろう。癌について、あるいは癌に罹患していることについて、だれかと話をしたいと思ってきていた。 でも、それはどうすればいいのか。はっきりいって、ただ生きるのに汲々としていてきちんとイメージできていなかったということなんだろう。 それでもなにかをはじめたい。そう真剣に思ったのがじつは先月の 12 日の未明のことであった。 どうしたらいいのかわからず、でもこういうときは、と...
www.op-studio.com