マイケル・ジョーダン - Wikipedia
初期のジョーダンのトレードマークは“Air”と形容される豪快なダンク、空中で体勢を変えてディフェンダーをかわすダブルクラッチなど、ほかの選手が決して真似できない空中でのプレイであった。加齢に伴い、運動能力が低下したキャリア後期にはプレイスタイルを変え、ディフェンダーから遠ざかりつつ放つフェイドアウェイを必殺武器にしてミドルレンジから多くの得点を奪うなど、臨機応変にキャリアを通じて得点能力の高さは維持された。 一方で長距離シュートを担うSGでありながら、スリーポイント試投数・成功数は多くなかった。成功数が100本を超えたのは2シーズンのみ( 1995-96 ・ 1996-97 )。名シューターと...
ja.wikipedia.org