コロナ禍で現実味を帯びる「オフィス不要論」…縮小を決断した企業が語る“二つの条件”
新型コロナウイルスの感染拡大が、人々の働き方に思わぬ影響を与えている。感染予防対策としてテレワークが推奨されたこともあり、ビジネスシーンでも遠隔でのやり取りが増えてきた。こうした状況もあって一部では、オフィスがなくても仕事はできるのではないか?という、「オフィス不要論」すら浮上しているという。業務内容や企業内の立場にもよるが、たしかにメールや電話、オンライン会議などを活用すれば、完結できる仕事も少なくない。労働者側は通勤時間や通勤ストレスなどからの解放、企業側はオフィスの賃貸コストなどを削減す…
www.fnn.jp