バイデン大統領、やはり“親中派” 「国益にかなうのであれば、中国と協力する」 何もしなかったオバマ政権へ回帰か
ただ、「米国の国益にかなうのであれば、中国と協力する用意がある」とも述べ、連携も模索する姿勢を示した。気候変動対策など、地球規模の課題が念頭にあるとみられ、強硬…
www.zakzak.co.jp