露ペンザ州で空手の黒帯所持者が夫の愛人をボコボコに 有罪判決
露ペンザ州セルドブスク地方裁判所は29日、空手・極真会館の黒帯を所有する女(39歳)が夫の愛人を棒で殴り、蹴りを入れるなどの暴行を振るったとし、傷害罪で有罪判決を下した。被告の女は容疑を認めているという。
jp.sputniknews.com