米国株、ダウ反発 小売り統計とミシガン大学調査を好感
【NQNニューヨーク=張間正義】15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反発し、前日比655ドル85セント高の3万1286ドル02セント(速報値)で終えた。米景気の底堅さを示す経済統計の発表を受け、好感する買いが幅広い銘柄に入った。米連邦準備理事会(FRB)が急激な利上げに動くとの観測がやや後退したのも相場上昇を後押しした。朝方発表の6月の米小売売上高は前月比1.0%増と市場予
www.nikkei.com