メキシコ中銀、5会合連続で利上げ インフレが深刻化
【サンサルバドル=清水孝輔】メキシコ銀行(中央銀行)は16日、金融政策決定会合を開き、政策金利を0.5%引き上げて5.5%にすると発表した。利上げは5会合連続。これまでは0.25%の利上げを続けていたが、深刻化するインフレを受けて利上げのペースを引き上げる。5人の委員のうち4人は0.5%の利上げを支持し、1人は0.25%の利上げを主張した。金融市場では事前に最低でも0.25%の利上げを見込む声
www.nikkei.com