クレオール言語 - Wikipedia
クレオール言語(クレオールげんご、 英 : creole language)とは、 意思疎通 ができない異なる言語圏の間で 交易 を行う際、 商人 らなどの間で自然に作り上げられた 言語 ( ピジン言語 )が、その話者達の子供たちの世代で 母語 として話されるようになった言語を指す。 公用語 や 共通語 として使用されている国・地域もある。 ピジン言語では 文法 の発達が不十分で 発音 ・ 語彙 も個人差が大きく、複雑な意思疎通が不可能なのに対し、クレオール言語の段階ではそれらの要素が発達・統一され、複雑な意思疎通が可能になる。また、クレオールはピジンと違い、完成された言語である。 また、 日...
ja.wikipedia.org