東京都、時短営業要請を終了へ 警戒レベルも引き下げ
東京都は9日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、23区内の飲食店とカラオケ店に求めていた午後10時までの営業時間短縮の要請を予定通り15日で終了する方向で最終調整に入った。対策作りの判断材料にしている警戒レベルも1段階引き下げる方針。9日に開いた専門家らによる非公開会議で、感染状況について4段階で最も深刻な「拡大している」との評価を1段階下げて「再拡大に警戒が必要」に変更する方針でまと
www.nikkei.com