ランディ・バース - Wikipedia
阪神タイガース時代[ 編集 ] 1983年 に来日。阪神入団当初は 藤田平 が一塁手として多用されていたこともあり、 右翼手 として守備に就いていたが、上記の通り全力疾走できないことと、藤田の年齢による衰えから、後に一塁手に固定される。オープン戦での死球で左手首骨折の影響で開幕二軍スタートとなり、一軍昇格後も不振が続き4月はノーヒットとシーズン序盤を出遅れた。5月4日の対巨人戦で初ヒットを打った後は徐々に調子を上げ、1年目から 打率 .288、35 本塁打 、82 打点 と長打力を見せつける。また、同年のシーズン終盤には25試合連続安打も記録しており、これは2001年に 桧山進次郎 が28試合...
ja.wikipedia.org