FTX創業者、米で保釈認める 330億円支払い(写真=ロイター)
【ニューヨーク=佐藤璃子】米ニューヨーク市マンハッタンの連邦地裁は22日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの創業者で前の最高経営責任者(CEO)であるサム・バンクマン・フリード被告の保釈を認めた。2億5000万ドル(約330億円)の保釈金の支払いを条件とした。米メディアが報じた。公判前の保釈金としては過去最大規模だという。連邦地裁は保釈金の支払いに加え、米西部カリ
www.nikkei.com