第一生命、就業不能保険の新商品を発売 - 保険市場TIMES
入院2週間の働けない状態でも、給付金支給第一生命は9月18日から新商品「就業不能保険」の販売を開始すると発表した。新商品は顧客の様々なニーズに寄り添う「ジャスト」の新たなラインアップ。精神疾患を含めた病気やケガが原因で働けない状態を幅広くサポートし、収入の減少や費用増加の負担に備える。第一生命の近年の入院給付金支給実績によると、うつ病の入院は平均50.6日、切迫早産では20.6日。30日以上の長期入院をした場合には、職場復帰までに約4カ月かかっている。一般的に入院日数は短期化しているが、なかには長引くものもある。これらを踏まえて新商品では入院2週間の働けない状態から給付金を設け、入院や自宅療養...
www.hokende.com