ピジン言語 - Wikipedia
ソロモン諸島の「 ピジン語 」とは異なります。 ピジン言語(ピジンげんご、Pidgin language、または単にPidgin)とは、現地語を話す現地人と、現地語を話せず 外国語 を話す 貿易 商人 などとの間で異言語間の 意思疎通 のために互換性のある代替単語で自然に作られた 接触言語 。共通言語をもたない複数の集団が接触して、集団間コミュニケーションの手段として形成される。 英語 と現地の言語が混合した言語を「ピジン英語」といい、 英語 の“ business ”が 中国語 的に 発音 されて“pidgin”の 語源 となったとされている(諸説ある)。フランス語をベースにそれ以外の言語と...
ja.wikipedia.org