王宮 (バンコク) - Wikipedia
タワーンテーワピバーン門・・・ 大理石 と 陶器 の破片でできた門であり、 ラーマ4世 の命よる建造物。 アマリン宮殿・・・ ラーマ3世 によるモンティエンの大改修によってそれまで中心として機能していたパイサーンタクシン宮殿の北に建てられた。モンティエンのなかでも王の 玉座 がある所であり、後にチャクリー宮殿が建設されるまで、王宮を代表する宮殿であった。 ホー・サーストラーコム・・・王専属の モン族 仏僧のために作られた 庫裏 である。当時モン族の仏僧を宮廷内に置くのが習慣であったためにのような建造物が造られた。 ドゥシッダーピロム宮殿・・・現在見られるものは ラーマ5世 (チュラーロンコーン...
ja.wikipedia.org