小説「ペスト」100万部 コロナ禍受け人気に火(写真=共同)
新潮社は9日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、人気に火が付いた文豪アルベール・カミュの長編小説「ペスト」(新潮文庫)の発行部数が、100万部を突破したと発表した。同社によると「ペスト」は1947年にフランスで発表。ペスト感染の拡大防止のため封鎖されたアルジェリアの港町で闘う医師らを描く。新潮文庫
www.nikkei.com