琥珀 - Wikipedia
その他の利用法として、 漢方医学 で用いられることがあったという。 南北朝時代 の 医学者 陶弘景 は、著書『 名医別録 』の中で、琥珀の効能について「一に去驚定神、二に活血散淤、三に利尿通淋」(精神を安定させ、滞る血液を流し、排尿障害を改善するとの意)と著している [4] 。 古生物学[ 編集 ] 「アリ入り」琥珀 樹脂の粘性に囚われた小生物(ハエ、アリ、クモ、トカゲなど)や、毛や羽、植物の葉、古代の水や空気(気泡)が混入していることがある。特に虫を内包したものを一般に「虫入り琥珀」と呼ぶ。昆虫やクモ類などは、通常の化石と比較すると、はるかにきれいに保存されることから、化石資料としてきわめて...
ja.wikipedia.org