取引所破綻リスクに備え 仮想通貨を保全
仮想通貨の取引所が破綻した場合に、利用者の通貨を保全する仕組みを信託銀行が始める。年金や不動産と同じように委託者の財産と別勘定で仮想通貨を預かる。まず三菱UFJ信託銀行が2018年4月にビットコイン向けに始める計画だ。三菱UFJは仮想通貨を委託者の財産と別勘定で扱う信託とする世界初の手法を開発し、17年12月に特許を出願した。金融庁が仮想通貨を信託の対象になる財産の一種として認めれば、三菱UF
www.nikkei.com