人間の死体から網膜細胞を採取し、サルの目へ移植することに成功 - ナゾロジー
失明に至る網膜細胞の機能低下 現在、世界の約2億人が黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)を患っています。 これは加齢によって生じやすい目の病気で、ものが歪んで見えたり視界の中心が欠けたりするとのこと。 また進行することで失明に至る場合もあるため、注意が必要な病気だと言われています。
nazology.net