日本沈没 - Wikipedia
元々は「 日本人 が国を失い放浪の民族になったらどうなるのか」をテーマに据えており、日本列島沈没はあくまでもその舞台設定で、地球物理学への関心はその後から涌いたものだという。しかし、そのために駆使されたのが当時になって広く認知され始めていた プレート・テクトニクス であり、本作はその分野を広く紹介する役割をも果たした。この分野に関する作品中の解説やアイデアは、 修士 論文に相当するとの声もあったほどである[ 要出典 ]。 難民となって世界中に散っていった日本人を描く第2部の構想(仮題は『日本漂流』)もあったことから、下巻の最後には「第1部・完」と記されていた。下巻発刊後から長らく執筆されること...
ja.wikipedia.org